So-net無料ブログ作成

我が子と一対一のふれあいの時間をもつ [A2 一対一のデート]

◆リード:3月24日(土)にクニコ(新年中)と私の二人で市民プールへ行き、3月31日(土)にアキコ(新小3)と私の二人で映画『ドラえもん、のび太の新魔界大冒険』を見に行った。我が子と一対一のふれあいの時間をもったわけである。

2007.4.1   検索HP『家族の広場』へ

我が子と一対一のふれあいの時間をもつ

 以前のブログ2006.1.1「次女と一対一の時間を持つ」に、私は、一対一の時間では、「自分を相手に捧げる時間」「相手のことを優先する時間」にしており、次女と一緒に一対一の時間をもったことで、次の発見をしたと書いた。


発見① 一対一だと、その子と本当に深いかかわりがもてるということ。

発見② 深いかかわりがもてる結果、相手はとても満足する。そして大切にしてもらえたという実感をもち、信頼感がアップするということ。

発見③ その子に対する深い愛情がわくということ。
……中略……

「今年は、月1回以上の1対1のデートの時間を二人の子供と持つ決心をした。今回のような1時間程度でもよい。この決心をしたことで、ステキな時間が生まれ、必ずや絆が深まるだろう。」と結んでいた。

 そんなわけで、なんとか一対一の時間をもてるようにしてきた。しかし、忙しいとなかなか出来ない。どうしても、子供二人対私一人が多くなるのだ。
 「月1回以上の1対1のデートの時間」はなかなか難しくても(ちょっと勉強をみる、ちょっと二人で遊ぶというのはもちろんできる)、ワンシーズンに1回はじっくりと一対一のデートの時間を持とうと決めていた。

 そこで、今年に入って、クニコと二人で市民プールに行き、アキコと二人で映画に行った。

【クニコと二人で市民プール】
 この日には、またクニコの成長が見て取れた。
 大プールでは、前回私は親ガメのようになって、クニコを子ガメのように乗せて泳いでいたのに、今回は「クニコ、一人で泳ぐ。」と言って、できなかった。正確に言えば、一度だけ無理にクニコに頼んで、子ガメになって乗ってもらった。

 その代わり、クニコはスパイラルウオータースライダーに二人で10回ほど滑り、そのときは恐いようで、しっかりと私につかまり抱かれていた。


 「親とは、まるで自転車の補助輪のようなものかもしれない。」と思った。


 我が子の成長につれて、今までしていたことが必要でなくなり、その代わり新しいことが必要になるのだ。そして、やがていつかは独り立ちしていく……。
 子供の成長はうれしいが、ある意味親の役割がなくなっていくことはちょっぴりさびしい。それでも当面(といっても10年以上)は、なくなった役割の代わりに新しい役割が生じてくるので、親の育児上の役割はまだまだあると思い直している。

【アキコと二人で映画】
 アキコと二人で、映画『ドラえもん、のび太の新魔界大冒険』を見に行った。
 詳細は、別の機会に書こうと思うが、二人とも映画の内容を楽しめ、お互いおもしろかったところや感想を言い合ったりして、大いに満足した。

アキコ「チンカラホイ!」

 最近我が家では、この魔法の呪文が飛び交っている。


 この「我が子と一対一のふれあいの時間をもつ」ということ。「我が子一人一人の(性格などの)タイプをよくつかんで対応する」ことと合わせて、「子育て8つ目の鍵」にしようと考えている。

【近況】
 年度末のこの時期は忙しくてなかなか書けないブログ。書きたいこと、書くネタはたくさんあるのに……。
 例えば、妻がこの4月から、中学校の特別支援学級の介助員として務めることになったのだが、①妻が働くことについての家族会議 ②面接試験に向けての準備 ③面接試験でのこと……書きたいことがいろいろあるのだが……。
 あと、コメントの返信も遅くてすみません。

【関連記事】あったかい家族日記「次女と一対一の時間を持つ」

「長女とデート」

かったらnice! ブログを書く意欲はあなたのnice!に支えられています。ーonly nice!  commentは、気のすすむままにー

◆キーワード:1 一対一のふれあいの時間  2 子育て  3 子育て成功のための8つの鍵

◆留意点・その他:


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 2

よささ

はじめまして。うちも二人兄弟なので、どちらか一人と出掛ける機会をなるべく作るように心がけています。この記事を読んで、なるほど!と思いました。また時間のあるときにバックナンバーもゆっくり読ませていただきます。
by よささ (2007-04-02 22:13) 

ファーザー

>よさささんへ
コメント&ナイスありがとうございました。

一対一の時間をもつことは、とっても大切だと思います。

私のブログは、新聞と違って、最近書いた記事が価値があるわけではありません。
 カテゴリーなどから、役に立ちそうな記事をお読みくださいませ。
by ファーザー (2007-04-04 18:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1